2017年無印良品の夏福袋!中身ネタバレや販売期間は?

年末年始の新春福袋、大人気なのですぐに無くなってしまいますよね。
でも、実は夏福袋もあるのです。新春福袋は抽選倍率が高須リグので、夏福袋は意外と穴場かもしれません。

2017年無印良品の夏福袋

夏の妙々たるアイテムとして気になっているのが「置きイ草」。
畳に使われている、あの「いぐさ」をぎゅ〜っと巻いただけのインテリアアイテムなのですが、消臭効果や香りによる安眠効果があるのだとか。

本当にシンプルなのですが、これが置く場所によってはおしゃれ。無印良品の密かに気になっているアイテムであります。

予約・販売期間は?

2017年情報は公式発表待ちです!
2016年8月19日から、WEB限定で販売されていました。楽天ポイントでも買えたのは嬉しかった方も多いのではと思います。
ちなみに、2015年は8月7日から販売されていました。

中身ネタバレは?

夏期は、昨年2016年の中身例です。
婦人服Sサイズが10点入って3000円はかなりお得。冬の5000円よりもさらに気軽に

婦人服Sサイズ 3,000円
・帽子(5980円)
・ひざ下丈ストッキング(700円)
・ボクサーショーツ(1000円)
・フットカバー 靴下(336円)
・Tシャツ(1550円)
・ショートTシャツ(1550円)
・ポロシャツ(2980円)
・半袖シャツ(2980円)
・ストール(1500円)
・イージーパンツ(4980円)
紳士服Lサイズ 3,000円
・ボートネック長袖Tシャツ(3980円)
・ボタンダウンシャツ(3980円)
・リブタンクトップ2枚セット(1500円)
・ハーフパンツ(1500円)
・前開きトランクス(750円)
・ショートTシャツ(1550円)
・クルーネックセーター(5980円)
・ビジネスバッグ(2980円)

両方とも、合計すると2万円超えています!
無印良品はいろんなジャンルがあるので、食べ物のセットや飲み物のセット、文具品のセット等お楽しみ感覚。“選びきれない”面もあるので、福袋だとランダムに選ばれた商品を手にすることができ、服のブランドにおける福袋とはまた違った楽しみ方ができそう。お正月の福缶も買ってみたいです。

無印良品の口コミや感想

年齢を問わない飽きのこないデザインが好きです。
シンプルなデザインでありながら、他人と被らずに自分の着こなしが出来るのも魅力。他のブランドとも喧嘩をしないデザインなので取り入れやすく長く愛用できて1着だけでも着回しが利くのが良い。どんな場面にも活躍できる優れものだと思う。
素材の選び方も誠実さが感じられ原産地なども明記してくれているので好感度抜群。金額も消費税率引き上げ前の金額をキープしてくれているのが嬉しい。税込み価格の表示もとても分かりやすいので買いやすい。会員キャンペーン中はお得に買えるのも嬉しい。